【新潟】相続の相談はプロに!遺留分の意味と遺産分割の方法

新潟で相続手続きの際には遺留分も踏まえてプロに相談し公平な遺産分割を実現させよう

新潟で相続の相談を承る一新総合法律事務所では、これまで相続に悩む方を大勢見てきました。相続で損をしないためにも、相続に関する最低限の知識は身につけておきましょう。この記事では、相続で重要となる遺留分と遺産分割について解説します。

遺留分とは?

家の図面と計算機

遺留分を理解するためには、法定相続分に関する知識も必要です。ここでは、法定相続分と遺留分の意味と、遺留分と遺産分割との違いを解説します。

法定相続分とは

法定相続分とは、民法が定めている、法定相続人の相続割合のことです。相続順位によってその割合は異なり、同じ順位に複数の相続人がいる場合はその人数で均等に分配します。

ただし、法定相続分で財産を分配するのは、あくまでも遺言書がない場合です。遺言書があれば、遺言書の内容が原則として法定相続分よりも優先して、相続人は遺言書の内容に沿って財産を分配することとなります。

遺留分とは

遺留分は、一定の範囲の法定相続人に最低限認められている遺産取得分のことです。遺留分が認めるのは、被相続人の近い関係にある法定相続人で、配偶者、直系卑属(子、孫など)、直系尊属(親、祖父母など)になります。

例えば、本人、配偶者、長男、次男の4人家族で、本人が亡くなり、相続財産の総額が5000万円の場合、それぞれの遺留分は次のとおりです。

  • 遺留分の総額:5000万円×1/2=2500万円
  • 配偶者:2500万円×1/2=1250万円
  • 長男:2500万円×1/4=625万円
  • 次男:2500万円×1/4=625万円

遺留分は請求ができる

遺言書が誰か特定の人に多くの財産を相続させる内容で、それによって特定の法定相続人の遺留分が侵害されている場合、その相続人は、遺留分を主張して金銭の支払いを請求することができます。

遺留分と遺産分割の違い

遺留分と似た言葉に遺産分割がありますが、意味は全く違います。遺産分割とは、相続人が遺産の分割方法を話し合って分配することで、その話し合いのことを遺産分割協議といいます。

遺産分割の方法

遺産の分割

現金だけであれば遺産分割は簡単ですが、相続財産には様々な種類があり、とくに不動産などは分配が難しく、もめることが少なくありません。遺産分割をより円滑に行うためには、それぞれの特徴を理解し状況に合った方法を選ぶことが重要となります。代表的な遺産分割の方法は次の3つです。

現物分割

相続財産を相続人にそのまま分配します。例えば、長男が実家の土地建物、預貯金は次男が相続するといった方法です。それぞれの価値が同じぐらいで、お互いが納得できればこの方法がよいでしょう。ただし、相続人が多い場合は分配が不公平になりやすく、トラブルが生じやすいです。

換価分割

分割しづらい不動産などの相続財産を現金化して、その総額を法定相続分に従って分割します。具体的には、土地を相続する場合、その土地は売却し、売却して得た現金を法定相続人で分割するという流れです。

この方法で財産を分割する際、不動産仲介手数料などの費用が発生して相続する分が減ってしまうのがデメリットになります。また、生まれ育った実家を手放すことに抵抗を感じて売却に時間がかかったり、立地条件が悪いと買い手が見つからず売れ残ったりする可能性もあります。

代償分割

現物分割で財産を分割すると不公平になることがあります。その場合、最も資産価値の高い財産を相続する法定相続人が、その差額(代償金)を他の法定相続人に分配するのが代償分割です。

例えば、長男が8000万円の価値がある不動産を相続し、次男が現金5000万円を相続した場合、3000万円の差額が生じます。そこで、長男は次男に代償金として1500万円を支払うことによって、公平な遺産分割を実現することができます。

代償金は現金での支払いになるので、この分割方法は資金に余裕がある場合に行うことができます。

新潟で相続に関するお悩みは実績のある一新総合法律事務所にご相談ください

相続する財産に不動産などがあると、遺産分割協議が難航し合意にいたらないことも少なくありません。だからといって途中で投げ出すと、相続できるはずの財産を受け取れず、損をしてしまう可能性もありますからご注意ください。遺産分割協議は、法律の専門家である弁護士が関与することによってスムーズに進むことも多いです。

一新総合法律事務所には25名以上の弁護士が在籍しており、その中には相続に特化した有能な弁護士もおります。相続問題に直面している方、相続に関する疑問点を解消したい方などは、お気軽にご相談ください。

新潟で相続手続きをするときは一新総合法律事務所へご相談を!

事務所名 一新総合法律事務所 新潟事務所
住所 〒950-0965 新潟県新潟市中央区新光町10−2 技術士センタービルⅠ6・7階
代表TEL 025-280-1111
フリーダイヤル 0120-15-4640(ご相談予約専用窓口)
FAX 025-280-1112
営業時間 9:00~18:00 (月~土曜日)
上記時間外のご相談に関してはお問い合わせください。
URL https://isshin-inheritance.com/

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ