【新潟で遺言書】相続でのトラブルと弁護士に依頼するメリット

新潟で遺言書を作成!相続に強い弁護士に相談して相続トラブルを回避

新潟で遺言書を作成する際は、一新総合法律事務所にご相談ください。時に、遺言書がトラブルの原因になってしまうことがあります。ここでは、遺言書におけるトラブルと弁護士に遺言書作成を依頼する理由について解説いたします。

【相続】遺言書におけるトラブル

相続のトラブル

遺言書が原因で、遺産相続がスムーズに行われないトラブルが起きることがあります。遺言書が原因となってトラブルが起きるのは、どのような場合なのでしょうか。

遺留分を侵害した遺言によるトラブル

遺留分とは、相続人が最低限相続できる権利がある割合のことで、遺言書をもってしても侵すことができないものです。遺留分は法定相続割合の半分を占めますので、遺言書で自由に配分できる遺産は半分までと考えておきましょう。

遺留分を侵害した遺言で遺産分割をした場合には、遺産をもらえなかった親族が遺留分侵害額請求を起こすことも考えられ、親子や兄弟姉妹間の関係性が悪化することも少なくありません。

遺言書が存在していることがわからないことによるトラブル

故人、つまり被相続人が遺言書を作成していたということを相続人全員が知らないと、トラブルが生じやすくなります。

  • 遺産分割をした後に遺言書が出てきた
  • 遺言書があることを隠されてしまった
  • 遺言書を破棄されてしまった

遺言書がないものとして遺産分割を行った後に発覚すると、遺産分割協議の錯誤無効を主張する事態に発展してしまうこともあり、親族間で紛争が生じることになります。遺産分割協議の錯誤無効の申し立てを行い解決するまでには、時間もお金もかかりますし、親族の関係性が悪くなってしまうのは避けられないでしょう。

遺言書の有効性に疑いを持たれてしまうことによるトラブル

遺言書が法律で決められた内容を満たしていない場合には、その遺言が無効とされることがあります。必要な項目を満たしていたとしても、遺言書を作成する際に証人となる人がいない、また自筆証書遺言では、偽造を疑われてしまうこともあります。

晩年、認知症を患った場合などには、その作成日時点の認知症の状況によって遺言自体が無効とされてしまうこともあるので注意が必要です。

あいまいな遺言内容によるトラブル

建物と土地、家財はそれぞれが遺産となりますので、財産目録をしっかり作った上で遺言書を作成することが必要です。

弁護士に遺言書作成を依頼する理由とは?

弁護士バッチ

せっかく作成した遺言書が無効になってしまったり、トラブルの原因になったりしないために、弁護士に遺言書作成を依頼するという方法があります。

弁護士に遺言書作成を依頼した方がよい理由について解説します。

正確な相続財産の目録を作ることができる

遺言書を作成するために、最初に行うべきことは自分の財産のうち何が相続財産となるのかを正しく把握することです。財産目録を作ることで遺言のあいまいさを回避することができますので、遺言に基づいた遺産分割協議がスムーズに進みます。

法的に有効な遺言書を作成することができる

民法第968条第1項で「自筆証書遺言をする場合には、遺言者が言書の全文、日付及び氏名を自書して、これに印を押さなければならない」ものと定められています。ただし2019年に法改正があり、財産目録はすべてのページに署名押印をすることで自書でなくてもよくなりました。

自筆証書遺言には、その他にも多くの決まりがありますので、弁護士に遺言作成を依頼する人が増えているのです。

公正証書遺言の作成を依頼することもできる

公正証書遺言は、公正役場で作成・保管してもらえる遺言書です。遺言書が発見されなかったり、破棄されてしまったりすることを防ぐことができます。

公正証書遺言は公証人が行いますが、原案は自分で作成しなければならず、その内容については自筆証書遺言同様に、トラブルの種にならないように精査しなければなりません。弁護士に公正証書遺言の案文作成を依頼し、公正役場で公正証書遺言とする手続きを取れば、熾烈な相続争いを回避することができるでしょう。

相続人が相続に関するトラブルを相談できる

遺言書を作成した被相続人が亡くなった後に相続に関するトラブルが生じた際、遺言書の内容や被相続人の意思、財産の状況を知っている弁護士に相談することができます。そうすることで無用な争いを避けることができるでしょう。

新潟で遺言書を作成するなら一新総合法律事務所に相談して円満な相続を

遺言書を作成する際に気を付けたいのは、有効な書式で遺留分を侵害せずに財産をもれなく分割することと、遺言書の所在を明らかにしておくことです。一新総合法律事務所にご相談いただければ、正確に相続財産を把握して、法的にも有効な遺言書を作成することが可能です。

また、実際の相続の際にも、被相続人が相談していた弁護士が担当しますので、より被相続人の意図を汲んだ遺産分割協議を行えます。遺言書作成の際は、お気軽にご相談ください。

新潟で遺言書の作成でお困りの方は一新総合法律事務所へ

事務所名 一新総合法律事務所 新潟事務所
住所 〒950-0965 新潟県新潟市中央区新光町10−2 技術士センタービルⅠ6・7階
代表TEL 025-280-1111
フリーダイヤル 0120-15-4640(ご相談予約専用窓口)
FAX 025-280-1112
営業時間 9:00~18:00 (月~土曜日)
上記時間外のご相談に関してはお問い合わせください。
URL https://isshin-inheritance.com/

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ