【新潟で相続】弁護士に依頼する理由と相続手続きの流れ

【新潟の相続】手続きは自分でやると大変!弁護士へ一任しよう

新潟で相続の手続きにお困りの方もいらっしゃるでしょう。トラブルにならずとも、個人が相続の手続きを漏れなく進めるのは難しいはずです。今回は、ご自身で相続手続きをするデメリットや、手続きの流れと期限について解説します。

弁護士に依頼しないとどうなる?想定される典型的な問題点

天秤

弁護士に依頼せずに自身で相続手続きを行った場合に、想定される典型的な問題点には次のようなものがあります。

相続財産の分配が不公平になり損をする

被相続人が亡くなる前に特定の人に贈与をしていると、それを「特別受益」として遺産の前渡しがあったものと考え、現存する財産をほかの相続人に多めに相続させるべき場合があります。しかし、法律の知識がないと、通常の法定相続分どおりに相続することになって、生前贈与や遺贈を受けていない人は損をしてしまうでしょう。

遺産分割協議が難航する

相続人同士の仲がよければ遺産分割協議もスムーズにいきやすいでしょう。しかし、仲が悪いと、ちょっとした言動で関係がさらに悪化して相続人同士が対立してしまい、遺産分割協議が難航することも珍しくありません。反対に仲がよいために意思を主張できず、遺産分割協議が終わった後にトラブルの種になってしまうケースもあります。

第三者の弁護士が遺産分割協議に入ることで、相続人は意見をいいやすくなります。信頼できる弁護士に依頼すれば、遺産分割協議がスムーズに進むでしょう。

遺産分割協議を何度も行わなくてはいけない

遺産分割協議を行って遺産分割協議書を完成させた後に、新たな財産が見つかることもあります。遺産分割協議書に財産が見つかったときの分配方法が記述されていないと、新しい財産が見つかるたびに遺産分割協議を行わなくてはいけません。弁護士であれば、そのような事態を想定した遺産分割協議書を作成することが可能です。

手続きの期限が過ぎてしまう

相続手続きでは相続放棄や遺留分侵害額請求などができますが、手続きには期限があります。数か月あると思って放っておくと、あっという間に時間が過ぎてしまうでしょう。慌てて書類を提出しても、書類の不備で受理されない可能性もあります。弁護士へ依頼すれば、代理で手続きや調整を進めていきます。相続人が自ら時間を割かずに済むのです。

手続きの流れと期限

手続きの期限

相続の手続きは複数あるうえ、期限があるものもあります。順番を間違えると期限に間に合わなくなってしまうかもしれません。手続きの流れを覚えておくと安心です。

1.遺言書の確認と手続き

まずは遺言書の有無を確認しましょう。遺言書があれば、相続手続きは遺言書の内容によって行われるからです。

遺言書には、主に「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。このうち、自筆証書遺言と秘密証書遺言については裁判所の検認手続きが必要となります(ただし、遺言書が法務局に預けられていた場合、検認手続きは不要です)。

2.法定相続人の調査と確認

遺言書があればよいですが、遺言書がない場合、または遺言書に分割方法が定められていない相続財産がある場合は、法定相続人が協議をして合意に基づき遺産分割の方法を決めなくてはいけません。遺産分割協議には法定相続人全員の参加が必要なので、まずは法定相続人の調査と確認を行います。

3.相続財産の調査

法定相続人確定の次に大切なのが、相続財産の確定です。不動産や貯金、生命保険積立金などのプラス財産と、借金やローンなどのマイナス財産をすべて調査します。

4.相続放棄と限定承認の手続き

遺産相続の仕方は「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つがあります。相続した財産にマイナス財産が多い場合、相続開始を知ったときから3か月以内であれば相続放棄または限定承認を選択することが可能です。

5.遺産分割協議を行う

法定相続人全員で、遺産分割協議を行います。期限はありませんが、相続税の申告までに終わらせたほうがよいでしょう。相続税の申告期限は相続開始から10か月以内です。遺産分割協議が合意に達したら、遺産分割協議書を作成します。

6.相続税の申告

相続税の申告の期限は相続開始から10か月以内です。それを過ぎると延滞税が発生するのでご注意ください。

新潟での相続手続きは信頼と実績のある一新総合法律事務所にお任せください

相続には様々な手続きが必要になり、手続きによっては期限があります。相続の手続きは葬儀の準備や遺品の整理と並行して行うことが多く、思うように手続きが進まないことも少なくありません。そのため、初めて相続の手続きを行うという方は、信頼できる弁護士に手続きを依頼したほうが安心です。

一新総合法律事務所は経験豊富な弁護士が25名以上在籍しており、相続に特化した弁護士もおります。初回に限り無料相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

新潟で相続の手続きにお困りなら一新総合法律事務所へ

事務所名 一新総合法律事務所 新潟事務所
住所 〒950-0965 新潟県新潟市中央区新光町10−2 技術士センタービルⅠ6・7階
代表TEL 025-280-1111
フリーダイヤル 0120-15-4640(ご相談予約専用窓口)
FAX 025-280-1112
営業時間 9:00~18:00 (月~土曜日)
上記時間外のご相談に関してはお問い合わせください。
URL https://isshin-inheritance.com/

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ