解決事例

2018.04.26

解決事例

負債を相続したくない

親族が借金を残して亡くなったが、負債も相続しないといけないのか

(事案)

Aさんは40代の男性です。

このたび、Aさんの父が亡くなりました。

 

Aさんは、父の近所で生活していて、父が亡くなるまでは、収入の乏しい父に対してしばしば生活費を援助したこともありました。

そのため、父に財産がないことと、かえって父が消費者金融などに借金を抱えていることを知っていました。

実際に、Aさんが父の死後に父の住んでいたアパートの部屋を訪ねてみたところ、消費者金融との取引の証書など、借金があることを推測させる書類がたくさんありました。

 

Aさんは、裁判所に相続放棄という手続をすることによって債務を相続せずに済むということをテレビで見たことがあったので、弁護士に相談しました。

 

弁護士は、Aさんから詳しく事情を聞き取った上で、Aさんの考えているとおり相続放棄を行うべきだということをアドバイスしました。

さらに、Aさんは弁護士に対し、相続放棄の手続の代行を依頼しました。

 

そこで、弁護士はAさんに代行して、必要な情報の調査や書類の収集などを行い、家庭裁判所に対して相続放棄の申述を行いました。

申述は無事に受理され、Aさんは、父の債務を受け継がずに済みました。

 

(弁護士の解説)

親族が亡くなり、相続が生じると、財産だけでなく債務(借金など、マイナスの財産)も相続され、場合によっては相続人が多額の借金を負うことになることもあります。

そのような場合には、相続放棄の手続を行うことが有効です。

 

相続放棄の手続を行い、それが家庭裁判所で受理されると、その人ははじめから相続人ではなかったという扱いになり、相続によって借金を引き継ぐことはなくなります。

ただし、亡くなった方(被相続人)に借金だけではなく財産もあったという場合には、その財産についても引き継ぐことができなくなりますから、債務と財産とをよく調査したうえで検討することが必要です。

 

また、相続放棄の申述には期限があり、民法により、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内にしなければならないと定められています。この点についても十分注意が必要です。

 

詳しくは、当事務所の弁護士にご相談ください。

 

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ご相談を
お急ぎの方へ

ページの先頭へ