相続のきほん

相続放棄

亡くなった方に借金があった場合、相続人としては、「相続放棄」をする方法が考えられます。

相続放棄をすると亡くなった方の借金を負わなくてもよくなりますが、相続放棄をするためには法律上の手続きをしなければいけません。

具体的には、
・家庭裁判所に対して申述する。
・自己のために相続があったときから原則3か月以内に行う。
という手続きです。

この手続きを終えると、プラスの財産(自宅や預貯金)も、マイナスの財産(借金)も相続しないことになります。
裁判所に対して手続きを行うことと、期間制限があるというのがポイントです。

相続放棄の手続きをとると、亡くなった方の借金を相続することはありませんので、支払う必要はありません。

これに対して、世間では「放棄」と呼ばれていても、法律上の「相続放棄」ではないものあります。

ときどき次のような相談を受けることがあります。

親父が亡くなってしばらく経つが、最近になって、貸金業者から親父の借金を自分が相続したので支払ってほしいとの通知が来た。
でも、うちでは、実家はすべて兄が相続していて、私は何ももらっていない。
相続を放棄したのだから、借金を払わなくてもよいのではないか?

この相談者の話しているとおり、本当に法律上の「相続放棄」をしているのであれば、この相談者の方は、父親の借金を支払う必要はありません。相続放棄をした場合には、プラスの財産(自宅や預貯金)も、マイナスの財産(借金)もどちらも相続しないからです。

このような相談を受けた弁護士としては、「本当に放棄したのか?」ということが気にかかります。
なぜなら、「相続放棄した」と話している人のなかには、法律上の「相続放棄」をしていないのに、亡くなった方の遺産を受け取らなかったというだけで「相続放棄をした」と誤解している方がいるからです。

たとえば、司法書士さんへお願いして遺産分割の協議書を作り、自分は「何も相続しない」という内容の協議書に署名と実印を押した場合などです。
これは家庭裁判所を利用した「相続放棄」ではありません。

また、実家の登記を移転するためなどで、「相続分がないことの証明書」を作成する場合です。
これも、家庭裁判所を利用した「相続放棄」ではありません。

このようなものは「事実上の放棄」などと呼んだりもしますが、法律上の「相続放棄」とは違って、単に自分は亡くなった方の資産を受け取らないということの確認だけで、亡くなった方の借金を免れることはできません。

「相続しないという書面に署名捺印したのだから、借金を負わなくて済むのでは?」「借金も含めて相続しないという書類にしたらよいのでは?」と思うかもしれませんが、そうではありません。
相続人間で話し合って遺産分割協議書という私文書を作成しただけ、あるいは、「自分は相続しません」「自分は借金を相続しません」という意思表示をしただけでは、貸金業者などの債権者に対して、意味を持たないのです。

このように、単に自分は遺産を受け取らないという書類に署名捺印しただけでは「相続放棄」の手続きをとったものとはいえず、しっかりと家庭裁判所で手続きをとったかどうかがポイントになります。

自分が相続人となった場合、相続で全く財産を受け取るつもりがなく、なおかつ、亡くなった方に負債がある可能性があるときには、しっかりと期間内に家庭裁判所へ「相続放棄」の手続きをとっておいた方が安心です。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ