相続のきほん

寄与分

寄与分とは、亡くなった方の財産の維持や増加について特別に寄与した者に対して、法定相続分のほかに特別の取り分を認めることをいいます。

たとえば、長男はほとんど無給で父の事業を手伝い、父親が財産を築くのに特別な貢献をしてきたが、弟は遠方に居住してサラリーマンとして働いていたという場合を考えてみましょう。

この場合、もし父の財産を長男と弟で均等に配分すれば、長男にとっては著しく不公平になります。
このようなケースにおいて、相続人である兄弟間の実質的公平を図るために認められた制度です。

寄与分は相続人全員で協議して決めるのが原則ですが、協議で決まらない場合には、家庭裁判所に審判を申し立てて決めてもらう方法があります。

ただし、寄与分は遺産分割の前提問題なので、必ず遺産分割の審判を一緒に申し立てる必要があります。

寄与分が認められた場合、寄与者の相続分の計算は、以下のとおりになります。

(相続財産額-寄与分額)×相続割合+寄与分額

寄与分が認められるためには、家族として通常期待される程度の介護や援助程度では足りず、通常の程度を超えた特別の寄与が必要です。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ