解決事例

2022.02.28

解決事例

負債を相続したくない

被相続人の死後3か月経過後に相続放棄が受理された事例

【事案の概要】

相談者は、長年つきあいがなかったおじが亡くなったことを新聞の死亡広告で知ったが、自分には関係がないことと思っていました。

おじが亡くなって3か月以上経過したある日、おじの債権者である金融機関から相談者に内容証明郵便が届きました。

おじの法定相続人である相談者に対し、おじの債務の支払いを求める内容でした。

相談者は、驚いて当事務所に相談にいらっしゃいました。

【解決】

弁護士は、相談者の代理人として、家庭裁判所へおじを被相続人とする相続放棄の申述を行いました。

相談者がおじの死亡を知ってから既に3か月を超えていたものの、交流のないおじの相続関係を知らず、相続開始を知った日は債権者からの内容証明郵便が届いた日であることについて具体的事情を説明しました。

家庭裁判所は、審査のうえ、相談者の相続放棄の申述を受理しました。

【弁護士による解説】

民法では、相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に、相続について、承認するか放棄するかを決めなければならないとされています。

今回の事例のように、親族であっても関係が疎遠の場合には、親族が亡くなったことを知っていても、自分が法定相続人に該当するという認識がないまま、期間が経過してしまうことがありえます。

そのような場合、具体的な事情を家庭裁判所に説明することで相続放棄の申述が受理されることもありますので、あきらめずに弁護士に相談されるとよいと思います。


一新総合法律事務所では、相続・遺言のご相談は初回相談無料で承っております。
お気軽にお問い合わせください。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ