コラム

2022.05.13

コラム

50代からの終活のススメ②

【 50代からの終活のススメ①はこちら 】

思い切って断捨離してみました

「終活」で取り組むべきことは幅広いですが、誰もが馴染みやすく、取りかかりやすいのは、やはり「断捨離」ではないでしょうか。

かくいう私もゴールデンウィークを利用し、模様替えを兼ねた大掃除を行いました。

入所当時の給与明細!や最後に袖を通したのはいつ?という洋服が出て来て、やや感傷的になりつつも、こんまり風に「ときめく・ときめかない」で選別し、新潟市所定の特大ゴミ袋6袋分を処分するに至りました。(ちなみに給与明細は捨てませんでした(^_^;)。理由は後半で)

書きかけのエンディングノートと向き合ってみて

部屋の中が片付くと、気分もすっきり、心なしか頭もはっきりしてくるような気がします。

皆様方にエンディングノートを書くことをおすすめしていますが、私も書きかけのエンディングノートにあらためて向き合ってみました。


最近のエンディングノートは、自分の死後に備えて書くというより、自分自身の備忘のために書くタイプが多く、忘れっぽくなってきた世代にはぴったりの項目がたくさん並んでいます。

たとえば、自分史から始まり、一週間のルーティンや現在服用中のお薬、そして最近問題になっている「デジタル遺産」の可視化のため、電子マネーや各種パスワードなどを書き留めとおくといった感じです。


自分の半生を振り返り、住んでいた学生寮の住所を思い出したり、給与明細を見ながら初任給を書いてみるのも結構楽しかったです。

また、今の収支状況や現在進行中の事柄をあらためて書き綴ることによって、少し先の自分自身に思いを馳せることができると気づきました。


このように50代の方には、人生の終わりに向けて「エンディングノート」にのこす、という感覚ではなく、セカンドライフのための「スターティングノート」として書き始めることをおすすめしたいと思います。

まずは今の自分の生活や収支状況に向き合うことから始めてみませんか?

この記事の執筆者

事務局長 渡辺 寿美

一新総合法律事務所
事務局長  渡辺 寿美(わたなべ としみ)

一新総合法律事務所 新潟事務所所属

終活ガイド資格1級(心託コンシェルジュ)・不動産後見アドバイザー・メンタルケア心理士・産業カウンセラー・宅地建物取引士などの資格を取得しながら、30年以上、法律事務員として弁護士補助業務を行う。

相談者や依頼者、関係者の皆様のお話をじっくりお聴きし、正確に弁護士に報告することを心がけています。
法律事務所事務員・人生経験は長くなりましたが、まだまだ毎日が学びの連続です。
一般社団法人縁樹へのお問合せも担当しております。
将来の身元保証・死後事務についてお悩みの方は、どうぞお気軽にお声がけください。


一新総合法律事務所では、相続・遺言作成のご相談は初回45分無料で承っております。
0120-15-4640までどうぞお気軽にお問い合わせください。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ