コラム

2022.01.20

コラム

50代からの終活のススメ

年末年始はゆっくり過ごされましたでしょうか。
久しぶりに親子の会話を楽しんだ方もいらっしゃったと思います。

年末のコラムでは、「親から何かやってもらいたいときは、まず自分が行動することが大切」、と書かせていただきましたが、「若いうちからエンディングノートを書くなんて」と思われた方もいらっしゃると思います。
ましてや「遺言書なんてまだまだ早い」と思われた方がほとんどなのではないでしょうか。

ところがこれらの「終活」ですが、最近は50代からはじめる方が多くなっているそうです。
なぜ50代から始めるのか、ということを少し調べたり、考えたりしてみました。

大きく分けると以下のようになると思います。

1  セカンドライフを考える年代

2   親の介護・看取りの経験

3   子どもたちの独立

4  時間やお金、気持ちの余裕

5   今ならまだ自分で考え・行動できる

人生の最終章が近くなってから備えるよりは、少し余裕のあるうちに考えたり行動する方が良いと思います。
なぜなら、頭も心身もしっかりしているときであれば、悲壮感を感じることなく、冷静に・客観的に検討できるからです。(人によっては、または宗教観の違いなどから、もしも死期が近づいたことを自覚してからも、怖さや焦りを感じることなく、落ち着いて最期の準備ができる人もいるかもしれませんが…。)

今年は、50代からの終活について、何回かに分けて書かせていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

この記事の執筆者

事務局長 渡辺 寿美

一新総合法律事務所
事務局長  渡辺 寿美(わたなべ としみ)

一新総合法律事務所 新潟事務所所属

終活ガイド資格1級(心託コンシェルジュ)・不動産後見アドバイザー・メンタルケア心理士・産業カウンセラー・宅地建物取引士などの資格を取得しながら、30年以上、法律事務員として弁護士補助業務を行う。

相談者や依頼者、関係者の皆様のお話をじっくりお聴きし、正確に弁護士に報告することを心がけています。
法律事務所事務員・人生経験は長くなりましたが、まだまだ毎日が学びの連続です。
一般社団法人縁樹へのお問合せも担当しております。
将来の身元保証・死後事務についてお悩みの方は、どうぞお気軽にお声がけください。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ