コラム

2019.01.10

コラム

遺言執行者の仕事について①~遺言執行者は遺言書の内容をどのようにして相続人に伝えるの?~

テレビドラマなどで、遺言執行者(らしき)である弁護士が、初七日などの法事が行われている場に突然現れ、「あなた方のお父様の遺言をお預かりしております」などと相続人に話をするシーンをよく見かけます。

 

実際には、相続人たちが集まっている場に遺言執行者に選任された弁護士が同席し、遺言の内容を大々的に発表する、ということは稀なのではないでしょうか。(おそらく当事務所では例がないと思います。)

 

では、どのように相続人の皆様に遺言書の内容をお伝えしているのかといいますと、ほんどの場合が文書を郵送する方法をとっています。

遺言執行者の仕事について その1

 

今回の民法改正により、「遺言執行者はその任務を開始したときは、遅滞なく、遺言の内容を相続人に通知しなければならない。」という条項が追加されることになりました。

要は、遺言執行者が相続人の方々に対し、「私が遺言執行者になりました。そして遺言の内容はこちらです。」ということを、相続人に対し、遅れることなく通知する必要がある、ということがはっきりと法律上で示されることになったわけです。

遺言執行者から相続人宛ての文書には、遺言書のコピーを同封することが多いので、遺言書は公正証書で作成する、または自筆で作成した遺言書は法務局に預ける、としていただきますと、家裁での検認手続きも不要になり、遺言執行者から相続人の方々への通知も遅滞なく実行できることになります。

そういった意味でも、一新総合法律事務所では、遺言書はできるだけ公正証書で作成していただくことをお勧めしております。

★こちらの記事もぜひご一読ください★

遺言執行者の仕事について②~誰でも遺言執行者になれるの?~

遺言執行者の仕事について③~複雑な手続のあれこれ~

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ