コラム

2020.06.08

コラム

新しい生活様式で私たちの暮らしや人との関係はどう変わっていくのか<その2>~親との会話のススメ~

☆新しい生活様式で私たちの暮らしや人との関係はどう変わっていくのか<その1>はこちら☆

あなたは親とどのくらい会話をしていますか?

10年ほど前、「親と一緒に過ごせる時間があとどれくらいあるか」的なキャッチコピーで宣伝された書籍(「親が死ぬまでにしたい55のこと))が話題になりました。

親と同居していない限りは、仮に近くに住んでいたとしても、せいぜい一週間に一回程度しか会う機会がないかもしれませんし、遠方であれば、1年に1~2回程度の方もいらっしゃるでしょう。

実際に時間を計算してみますと、どうやらこういうことらしいです。

親の寿命があと15年とし、お正月とお盆などに3日ずつ帰省し、その1日で実際に接する時間を12時間として計算すると、

15年×6日×12時間=1080時間

で、なんと45日分しかありません!

親と会って話せる時間が、残すところそれしかないと思うと、無性に話してみたくなりませんか?

コロナ禍で変化した会話のかたち

ところがコロナ禍では、親に気軽に会いに行くことも難しくなくなり、ゴールデンウィーク期間中は、オンラインによる帰省が推奨されましたし、施設に入所している方との対面は、ビデオ通話で行われているところが多くなりました。

あまりにも急速な変化に、老いも若きも「オ…オンライン帰省?」「ビデオ通話なんてどうやってやるん?」と?マークが飛び交う中、慌ててアプリをスマホに入れたり、PCにカメラとマイクを設定するなどし、見よう見まねでビデオ通話による帰省を実行された方が、かなりいらっしゃったようです。

オンライン帰省が「新しい生活様式」の一つとして一般的になれば、「長期休暇は帰省に充て、帰りは渋滞に巻き込まれ、自宅に戻ってぐったり、奥様はイライラ…」という悲劇的なことがなくなり、「金曜日の夜は家族みんなで楽しくオンライン帰省♪」なんていうことが普通になるかもしれません。

気軽に帰省できるということは、親やきょうだいなどと会う(話す)時間や、普段の姿や生活ぶりを確認する機会も増えることになります。

また、遠方の施設に入所している親とも、ビデオ通話による対面ができるようになれば、今までよりももっと頻繁に会話をすることができ、お互いの安心感も増すことでしょう。

さらに、実際に対面して聞きづらいこと、言いづらい話も、カメラ越しであれば話しやすい、という利点もありそうです。

親御さんがお元気なうちに、さまざまなお話をし、お互いの思いをきちんと伝え、もしもの場合の心配ごとを減らして行きましょう。

親子間での会話をどうやって深めていくかについては、次回お伝えしたいと思います。

☆新しい生活様式で私たちの暮らしや人との関係はどう変わっていくのか<その3>はこちら

事務局 渡辺寿美(産業カウンセラー/メンタルケア心理士®)


☆ご相談予約はこちら☆

☆事務所アクセスはこちら☆

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ