コラム

2020.06.01

コラム

新しい生活様式で私たちの暮らしや人との関係はどう変わっていくのか<その1>

先日、全国的に緊急事態宣言が解除され、少しずつ以前の日常を取り戻しつつあります。

とはいえ、引き続き「新しい生活様式」での日常生活を求められ、慣れない環境に戸惑われている方、ストレスを抱えている方が多いようです。

さて、今後私たちは新しい生活様式で、どのように暮らしていくことになるのでしょうか。

そして家族や知人との関係性はどのように変わっていくのでしょうか。

 

まずは感染防止の三つの基本、①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗い、について考えてみます。

③は日本人にとっては、子どもの頃から口うるさく言われていることなので、それほど抵抗はないでしょう。

また②についても、インフルエンザや花粉症などでマスクをすることには慣れている方が多いと思いますので、購入しづらい(売っていない、高いなど)ことを除けば、こちらも何とか許容できるのではないでしょうか。(ただし夏に向けての熱中症には注意が必要です。)

問題は、①の身体的距離ではないでしょうか。

人との間はできるだけ2メートル空け、遊びに行くなら屋外へ、会話は真正面を避けましょう、とあります。

これを細かい日常生活の各場面で見て行きますと、スーパーでの買い物はすいている時間に素早くすませ、商品をあれこれ手に取らない、外出は徒歩や自転車で、公共交通機関を使うときは車内の会話は控えめにする、食事は横並びでおしゃべりは控えめに、大皿を避けてお酌はしない、とされています。

そしてこの新しい生活様式は、冠婚葬祭の儀式にまで言及されています。

多人数での会食はせず、体調が優れないときは参加しない、そして今やオンライン方式での結婚披露宴や葬儀なども行われています。

昨年の夏、お墓参りに行けない人向けに、インターネットお墓参りやバーチャルお墓参りというシステムが開発されたという報道を見て、大変失礼ながら、個人的には笑い話のネタにしていたのですが、まさかこんなに早く、オンラインでお焼香まで済ませてしまう時代が到来するとは…。

そして、コロナに感染して亡くなられた有名人のお骨の受け渡し場面をテレビで観て、衝撃を受けた方も少なくないのではないでしょうか。

新型コロナ感染予防の観点から、私たちがこれまで大切にしてきた、各儀式の執り行い方、大切な人との関わり方が、大きく変わりつつあります。

 

そのような状況下において、大切な人に対し、自分の思いをきちんと残していくためには、どうしていったらよいのか、何回かに分けて書かせて頂きたいと思います。

☆新しい生活様式で私たちの暮らしや人との関係はどう変わっていくのか<その2>はこちらです☆

事務局 渡辺寿美(産業カウンセラー/メンタルケア心理士®)


☆ご相談予約はこちら☆

☆事務所アクセスはこちら☆

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ