解決事例

2018.04.26

解決事例

負債を相続したくない

相続財産に負債が多すぎて、相続放棄をしなければならない。生命保険金も相続放棄しなければならないのか

(事案)
Aさんの夫であるWさんが亡くなりました。

 

Wさんは、事業を経営していた関係で、亡くなったときに負債を多く抱えていました。

Aさんは、これらの負債を相続して支払っていくことが困難であるため、相続放棄をしようと考えました。

 

AさんがWさんの遺産関係の書類を整理していたところ、Wさんが契約していた生命保険があることが分かりました。

生命保険の証書には、Wさんが亡くなった場合に、Aさんが受取人として500万円の生命保険金を受け取ることができる旨が記載されていました。

 

Aさんは、今後の生活のためにその500万円を受け取りたいと思いましたが、相続放棄を考えているため、相続放棄をしたら生命保険金も受け取ることができなくなってしまうのか、心配になって弁護士に相談しました。

 

弁護士は、Aさんに対し、生命保険金を受け取る権利が、受取人の固有の権利であって、相続財産には含まれないということを説明しました。

Aさんは、安心して、相続放棄の手続を弁護士に依頼するとともに、生命保険金を受け取りました。

 

 

(弁護士の解説)

被相続人が自己を被保険者として契約していた生命保険について、受取人が被相続人以外の人であった場合、最高裁の判例では、生命保険金を請求する権利は受取人の固有の権利であって、相続財産には含まれないとされています。

 

そのため、受取人が法定相続人であった場合に、被相続人の負債が多額であるなどの理由で相続放棄をしても、生命保険金を受け取ることは可能です。

 

なお、相続税との関係では、法定相続人の人数×500万円を超える生命保険金を受け取った場合(被相続人が保険料を負担していた場合のみ)には、みなし相続財産として、相続税の課税の対象となります。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ご相談を
お急ぎの方へ

ページの先頭へ