コラム

2021.10.13

コラム

セカンドライフを考えませんか

60歳で定年、そしてその後は悠々自適の年金生活…という夢の時代は過ぎ、今や年金の支給は65歳以降(それも数年後には怪しいかも)、できれば70歳まで現役で働き続けましょう、そして企業は定年の引き上げや再雇用を検討しましょう、というのが今の流れです。

(※70歳までの就業確保に関しては、当事務所角家弁護士のこちらのコラムもご覧ください。)

次のステージをぼんやりと思い描きながら、楽しい空想にふけるのも良いと思いますが、自分や家族の年齢を一覧表にし、その年ごとの収支や財産などを、具体的な数字に表していくと、将来のイメージがある程度はっきりします。

そうすると、「元気なうちは働いて収入があった方が安心できるな」とか「蓄えは十分あるから、ボランティア活動の割合を増やしてみようか」など、具体的な働き方や時間の使い方、得たい収入額の目安がわかるのではないかと思います。

中年期を過ぎると、必ずしもハッピー・ラッキーなことばかりではなく、子どもの独立、親の介護や死亡、自分や配偶者の心身や認知能力の衰えなど、嬉しいけれど寂しいこと、辛いこと、そして自分が情けなく思えることなど、生きている限りは、避けて通ることができない出来事が多々あります。

そのようなたくさんの出来事を含め、自分が生きてきた証をのこす方法としては、私小説を書くことから、エンディングノートや手帳に書き記すなど、お手軽なものまで、いろいろ考えられます。

最近では、スマホアプリを活用される方もいらっしゃるようです。

ただし、「証」としてのこすのは、やはり遺言書が最も確実で、それも「公正証書遺言」が望ましいです。
何度でも書き直すこともできますので、年齢にかかわらず、生きた証をのこしたいという方には、「遺言書」の作成をおすすめしています。

「還暦に近づいたから老後のことを考えよう」ではなく、自身の次のステージ・居場所や立ち位置について、具体的に考え始めたときが「セカンドライフを考える」時期といえます。

それには、早すぎることも遅すぎることもありません。
そしてあくまでも主役は自分自身です。

そんな皆様方に向け、当事務所では「セカンドライフを考える~生きた証をどうのこしますか~」というテーマでセミナーを開催いたします。

自分自身でしっかりと次のステージを考え、それを見据えて行動し、計画的にお金を貯め・使い、生きた証をしっかりのこす、そんな素敵な人生にするために、社労士・FPと弁護士らがちょっとしたヒントをお話しいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

【事務局 渡辺寿美(終活ガイド上級/産業カウンセラー)】


◆相続のよくあるご相談Q&Aはこちらです。

◆遺言書作成・相続のご相談は初回無料です。

 0120-15-4640までお問い合わせください。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ