コラム

2021.05.27

コラム

相続法改正② ~特別寄与料~(弁護士:中澤亮一)

<過去の連載記事はこちら>
・相続法改正①~配偶者短期居住権~

はじめに

相続法改正連載の2回目です。

今回は、この度の改正によって新たに定められた「特別の寄与」制度(以下「特別寄与料」ともいいます。)について概要を解説します。

これまでも「寄与分」という制度はありましたが、どのような違いがあるのでしょうか。

 

特別寄与料の新設

被相続人に対して療養や介護等の世話をした人が、法定相続分よりも多く遺産を取得できるものとして「寄与分」という制度があることは、ご存じの方も多いと思います。

しかし、この寄与分は「相続人」にしか認められていないのです。


例えば、自分の母親(被相続人)が亡くなったときに、子どもである自分は相続人となりますが、自分の妻は相続人となりません。

そのため、自分の妻が熱心に母親(妻からすれば義母)の療養看護をして財産の維持等に寄与した場合であっても、遺産分割手続において、妻自身は寄与分を主張したり財産の分配を請求したりすることはで
きなかったのです。


この問題に対応するため、この度「特別寄与料」(民法1050条)という制度が作られ、相続人以外の者の貢献も遺産分割手続において法的に考慮される道が開かれることとなったのです。

 

 

特別寄与料の要件

特別寄与料が認められるための要件は、①被相続人の親族であり相続人でないこと(内縁の妻などは該当しません)、②無償で療養看護、その他の労務を提供したこと、③被相続人の財産の維持または増加、④②と③の因果関係、⑤特別の寄与、の五つです。

 

実際には、この一つ一つの要件に細かな論点があるため注意が必要なのですが(お困りの際にはぜひ当事務所の弁護士にご相談ください)、特に重要なのは「⑤特別の寄与」の要件です。

これは、貢献の程度が一定程度を超えることを意味し、「その者の貢献に報いるのが相当と認められる程度の顕著な貢献があったこと」と解されます(片岡武、管野眞一「改正相続法と家庭裁判所の実務」日本加除出版株式会社)。

したがって、若干身の回りの世話をしただけといった程度では「特別の寄与」とは認められません。

権利行使期間

もう一つ注意しなければならないのは、調停などを申し立てる場合の期間制限です。

特別寄与料について家庭裁判所に対し調停もしくは審判の申立をする場合には、特別寄与者が相続の開始及び相続人を知った時から6か月以内又は相続開始の時
から1年以内にしなければなりません(民法1050条2項)。


つまり、最長でも相続開始時から1年以内に申立をする必要があります。


<参考文献:片岡武、管野眞一「改正相続法と家庭裁判所の実務」日本加除出版株式会社>

 

一新総合法律事務所では、相続・遺言作成のご相談は初回45分無料で承っております。
0120-15-4640までどうぞお気軽にお問い合わせください。

◆お問い合わせはこちらです◆

 

<初出:顧問先向け情報紙「コモンズ通心」2021年3月5日号(vol.254)>

※掲載時の法令に基づいており、現在の法律やその後の裁判例などで解釈が異なる可能性があります。

この記事を執筆した弁護士

一新総合法律事務所
弁護士 中澤 亮一

一新総合法律事務所 上越事務所長。 2014年弁護士登録。
弁護士というと敷居の高いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、生活を送るうえで悩み事を抱えたときや紛争に巻き込まれたとき、気軽に相談していただける弁護士になりたいと思っています。
少しでも多くの皆様に信頼され、質の高いリーガルサービスをご提供できるよう、日々努力していきます。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ