解決事例

2018.04.26

解決事例

争いになっている

遺産分割で裁判所に行っているが、話がうまくまとまらない

【事案の概要】

Aさんは70代の女性です。

このたび、夫が亡くなりました。

 

亡くなった夫の遺産としては、預貯金、Aさんの住む家と底地、そして他の宅地(更地)がありました。

 

Aさんは、これらの財産を分けるために、他の相続人であり夫の前妻の孫であるBさんと話し合いましたが、Bさんは、法定相続分よりも多い取り分を主張してきました。

Bさんは、裁判所の調停でも自分の主張を全く譲ろうとしませんでした。

 

そこで、当事務所の弁護士がAさんの代理人として、調停手続から審判手続への移行を行いました。

そして、審判の場において裁判官に対し、Aさんの希望する分割内容に基づいて、様々な主張を行いました。

 

その結果、裁判官は、Aさんの住む家と底地をAさんが相続すること、他の宅地を競売手続で売却すること、及びその売却代金と預貯金とを法定相続分に沿って各相続人が相続すること、という内容の決定を行いました。

 

Aさんは、希望どおり家と底地を相続して住み続けることができ、それに加えて、法定相続分に沿った適切な金額の金銭を相続することができました。

 

 

 

【弁護士の解説】

遺産分割の手続は、①協議、②調停、③審判、という3つのステップの順で行われます。

 

亡くなった方が遺した財産について、まずは相続人が分け方を話合い(①)、決まらないときは、「調停」という、裁判所での話合いの手続(②)が行われます。

そして、調停でも各相続人の合意が整わない場合は、「審判」という手続で、裁判官が財産の分け方を決定します(③)。

 

この事案のように、他の相続人が不当な取り分を主張してどうしても譲らないというときは、こちらが無理に譲歩する必要はありません。

審判手続に移行して、裁判官に適切な分け方を決定してもらうことができます。

 

なお、できるだけ希望どおりの財産を得るためには、裁判官に対して様々な事情の主張や立証をきちんと行う必要があります。

ぜひ、弁護士に相談・依頼した上で進めてください。

 

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ