解決事例

2018.04.26

解決事例

争いになっている

遺産を巡り兄弟で意見が分かれている

【事案の概要】

Aさんは40代の男性です。

このたび、自宅で同居していた母が亡くなりました。

 

Aさんには50代の兄(Bさん)が一人おり、父はすでに亡くなっていました。

Aさんと生前の母は新潟県内の自宅に住んでおり、兄は東京都内に住んでいました。

 

母の遺産としては、自宅の土地建物、預金などがあり、遺言は遺していませんでした。

Aさんとしては、母と過ごした自宅土地建物だけはどうしても自分が所有したいとの考えがありました。

 

葬儀等を終えた後、AさんはBさんとの間で遺産についての話合いをしましたが、自宅の土地建物を誰が所有するかについて意見が分かれてしまい、なかなか結論が出ずにいました。

また、Bさんは預金についても、法定相続分よりも多い取り分を主張していました。

 

そこでAさんは、弁護士に相談し、相続について弁護士に委任することにしました。

 

弁護士は、Aさんの代理人としてBさんと交渉を行いましたが、合意に至ることができませんでした。

そこで、次に遺産分割調停を行うことにして、Bさんの住所地を管轄する東京都の家庭裁判所に調停を申し立てました。

 

弁護士は、調停期日においては、法律事務所と裁判所とを電話で繋いで、法律事務所に居ながら調停を進めるという電話会議システムを使用しました。

そのため、Aさんとしては、新潟県内の弁護士の事務所に行くだけで済み、東京都の家庭裁判所に行くための労力とお金をかけずに済みました。

 

調停において、弁護士が法律に基づいた適切な主張を行った結果、Aさんが納得できる内容での合意ができました。

 

 

 

【弁護士の解説】

相続人の間での話し合い(「遺産分割協議」といいます。)で意見が対立してしまった場合には、遺産分割調停を申し立てる必要があります。

遺産分割調停は、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所に対して申し立てる必要があります。

 

この事案では、相手方であるBさんは東京都内に住んでいますから、東京都の家庭裁判所に申し立てる必要があり、通常であれば調停期日のたびに裁判所に出頭する負担が発生してしまいます。

 

しかし、この事案のように「電話会議システム」を使用すれば、法律事務所と裁判所とを電話で繋いで調停を行うことができるので、遠方の裁判所に出頭する負担を軽減することができます。

 

この事案では、Aさんの代理人となった弁護士が、調停の場において法律に基づいた適切な主張を行ったことにより、最終的にAさんが納得できる分割内容で調停を成立させることができました。

 

一般的に、調停では、自分の希望だけを闇雲に主張しても話合いがなかなか進まないことが多いといえます。

法的に適正な解決はどのようなものかを意識しながら話合いを行うことが重要であり、そのためには、法律の専門家である弁護士の助言を受け、または弁護士を代理人にしながら進めていくことをお勧めします。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ご相談を
お急ぎの方へ

ページの先頭へ