解決事例

2018.04.26

解決事例

遺産をもらいたい

親族が亡くなったが、遺言が自分に不利な内容だった。遺留分の請求をしたい。どのようにすればよいか

(事案)

Aさんは60代の女性です。

 

このたび、Aさんの母が亡くなりました。

父は先に亡くなっていましたので、母の相続人は、Aさんと、兄のBさんの2人だけです。

 

Aさんの母は、生前、遺言書を作成していました。

その遺言書には、「全財産を長男Bに相続させる」と書かれていました。

 

そこで、Aさんは弁護士に相談し、「遺留分」について弁護士から詳しく説明を受けた上で、遺留分に関する請求の手続(「遺留分減殺請求」といいます。)を弁護士に依頼しました。

 

弁護士は、Aさんの依頼を受けた後、まずはBさんに対して、遺留分減殺請求を行う旨の通知を内容証明郵便で送りました。

そして、弁護士はAさんの母の遺産を調査し、調査の結果明らかになった遺産をもとに遺留分を計算して、Bさんに対して、遺留分に相当する財産を引き渡すよう求めました。

 

しかし、Bさんが引渡しを拒否したため、弁護士は次の手続として家庭裁判所に遺留分減殺請求調停を申し立てました。

 

最終的には、BさんもAさんの請求を認め、Aさんは母名義の預貯金の一部を獲得することが出来ました。

 

 

(弁護士の解説)

最終的に誰にどのような財産を相続させるかについては、亡くなった方(「被相続人」といいます。)が遺言を作成していれば、その意思が尊重されます。

この例のように、子が2人いる場合に、一方のみに全財産を相続させるという内容の遺言も有効です。

 

ただし、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には、「遺留分」が認められています。

「遺留分」というのは、遺言書よりも優先される最低限の取得分のことです。

 

上の例では、Aさんには母の遺産総額の4分の1が遺留分として認められます。

したがって、「全財産をBに相続させる」という遺言書の内容にかかわらず、Aさんは自己の取得分を主張することができます。

 

遺留分を請求する場合には、相続開始および減殺すべき贈与または遺贈のあったことを知ったときから1年または相続開始のときから10年以内にする必要があります。

遺留分の請求をお考えの場合には、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ