お知らせ

2020.10.28

お知らせ

自筆証書遺言にご注意を!

既にご存知の方も多いと思いますが、2019年の民法(相続法)改正により、自筆証書遺言の財産目録の部分については、手書きをしなくても良いことになりました。

例えば、パソコンで打って印刷した文書や、登記事項証明書のコピーなどを目録として使うことができます。ただし、目録の1頁ごとに署名捺印をすることが必要です。

 

また、今年の7月から、自筆証書遺言を法務局に有料で保管してもらえるという制度が始まりました。

保管によって、改ざんや紛失を防ぐことができ、また、相続開始時に遺言書を裁判所で確認する「検認」という手続きを省略できます。

 

このように、自筆証書遺言の作成などは、今回の法改正によって便利になりました。

ただし、法務局では、遺言書の内容のチェックまではしてもらえません。

書いた文章が適切でないと,書いた人の真意とは違った法律効果を生み出してしまったり、亡くなった後に遺留分の争いが起きてしまうこともあります。

 

せっかく書いた遺言書が無効にならないよう、また、相続人間での争いを防ぐためにも、少々のコストをかけて公正証書遺言を作るのが一番安全だと考えられます。

 

あなたの思いに沿った最適な遺言書を作るために、遺言書を作る際には弁護士に相談してアドバイスを受け、さらに公正証書遺言を作ることをお勧めします。

当事務所では、遺言書作成や既に書かれた遺言書の診断を初回無料で承ります。一度ご相談してみませんか?


☆ご相談予約はこちら☆

☆事務所アクセスはこちら☆

 

◆自筆証書遺言の制度についてのコラムはこちら◆

・自筆証書遺言が使いやすくなります。

 

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ