コラム

2020.07.14

コラム

新しい生活様式で私たちの暮らしや人との関係はどう変わっていくのか<その5>

新しい生活様式にも慣れて

新しい生活様式にも、少しずつ慣れてきましたが、厚労省ホームページに掲載されている「新しい生活様式の実践例」をあらためて眺めてみました。

まず「一人一人の基本的感染対策」のうちの「感染防止の3つの基本」として、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いとあります。

そして「日常生活を営む上での基本的生活様式」では、ご存知「三密の回避」が核となっています。

「日常生活の各場面別の生活様式」と「働き方の新しいスタイル」を読んでみても、人との距離を取りましょう、少人数で行いましょう、用事は素早くすませましょう、そしてオンライン推奨というようなフレーズが並びます。

私たちは、こういった呼びかけをしっかり守って、外出先では、たとえ暑くても一日中マスク着用のまま過ごし、あらゆる場面において人とのスペースを空け、買い物なども手短に済ますようになっています。

その結果、仕事やプライベートでも、リアルで会うことが稀になり、大笑いしながらくだらない話をすることもすっかり少なくなりました。高齢者や持病がある人とは、実際に会うことが難しくなり、親しく握手したり、気軽に肩を叩いたりすることもできなくなっています。

変わる葬儀

そして葬儀の形も大きく変わりました。

今までの葬儀は、人との距離は近く、密閉された室内に多人数が集まる、三密の最たるものですから、コロナ禍では同じような形式では執り行うことができません。

永遠の眠りについた方のお顔を拝むことなく、また、思い出話をしながら会食したり、ご遺族の肩を抱いて哀しみを分かち合う機会が奪われています。

亡くなった後に「最小限の家族だけで見送らせていただきました」との報せを受け、ショックを受けた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

最近は本人や遺族の意向で、葬儀を小規模に行うことが多くなってきていましたので、今後は「オンライン葬儀」も一般的になっていくのかもしれません。

遠方だったり、体調が優れなくても参列することができますが、直接お見送りができないのは、やはり少し寂しい気がします。

繋がる・繋げることの大切さ

その2で書かせていただいたとおり、オンラインで繋がることで、以前に比べて会話が増えたり、絆が深まった家族も確かにあるでしょう。

でも、直接触れあえないことは、どのような弊害を生むことになるでしょうか。

またオンラインや電話だけでの会話や口元がマスクに隠れていることによるコミュニケーション阻害、心のすれ違いは生じていないでしょうか。

新型ウィルスの感染拡大により、心身の健康や人との心の触れ合いや会話の大切さをあらためて感じる今。

三密に注意を払いながら、大切な人との会話を今まで以上に重視し、思いを繋いでいくことをさらに意識していく必要がありそうです。

事務局 渡辺寿美(産業カウンセラー/メンタルケア心理士®)


☆ご相談予約はこちら☆

☆事務所アクセスはこちら☆

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ