解決事例

2018.04.26

解決事例

争いになるかもしれない

相続人が認知症で遺産分割協議ができないが、どうすればよいのか

(事案)

Aさんは、70代の女性であり、この度、姉のBさんが亡くなりました。

 

Bさんには子どもがおらず、またBさんの両親は既に他界していたため、相続人は、Bさんの夫(Cさん)とAさんの2人でした。

また、相続財産としては、預貯金と株式がありました。

 

Cさんは当時、介護施設に入所していました。

 

Aさんが遺産分割の話合いをするためにCさんのいる施設を訪ねてみたところ、Cさんは既に認知症が進んでいて、Aさんが亡くなったことも認識できていないという状態でした。

 

Aさんは、Cさんと遺産分割の話合いができなかったので、今後どうすればいいかということを当事務所の弁護士に相談し、遺産分割の手続を弁護士に依頼しました。

 

弁護士は、まず、Cさんのいる介護施設の主治医に、Cさんの診断書を作成してもらいました。

診断書には、Cさんが自分では財産を管理できるほどの判断能力を有していない、という診断結果を記載してもらいました。

 

そして、弁護士はその診断書をもとに、家庭裁判所に対して、Cさんについての成年後見人選任申立ての手続を行いました。

その結果、Cさんに成年後見人が付きました。

 

そこで、弁護士は、上記の成年後見人との間で、Bさんの遺産分割についての話合いを行いました。

遺産の分け方が決まった後は、株式を現金に換える手続についても弁護士と成年後見人とが協力して行い、遺産分割の手続を無事に完了することができました。

 

 

 

 

(弁護士の解説)

亡くなった方の相続人は、遺産を分けるために、他の相続人との間で話合いを行う必要があります。

これを、「遺産分割協議」といいます。

 

遺産分割協議は、原則として相続人全員が参加して行わなければなりません。

しかし、相続人のうちの一人が認知症などで判断能力を失っている場合、そのままでは、遺産分割協議を進めることができません。

 

このような場合は、まずは家庭裁判所に成年後見人選任申立てを行って、判断能力を失った相続人に成年後見人を付けてもらいます。

そして、その成年後見人が、判断能力を失った相続人(被後見人)の代わりに遺産分割協議に参加することとなります。

 

他の相続人に認知症の方がいる場合、弁護士は、家庭裁判所への成年後見人選任の申立手続を含めてご依頼をお受けすることができます。

ぜひご相談ください。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ご相談を
お急ぎの方へ

ページの先頭へ