解決事例

2018.04.26

解決事例

遺産をもらいたい

生前に不動産の贈与を受けていた相続人に遺留分を請求したい

(事案)

Aさんは、50代女性です。

このたび、Aさんの父が亡くなりました。

母は既に亡くなっていましたので、相続人はAさんのほか、兄のBさんと弟のCさんの3人です。

Aさんは、父の死後、生前父が所有していた土地の不動産登記を確認しました。

すると、父が、生前に、BさんとCさんに対して、それぞれ土地を贈与していたことが判明しました。

Aさんは、BさんとCさんに対し、不公平であると主張しましたが、話合いに応じてもらえませんでした。

そこで、Aさんは、当事務所の弁護士に相談をしました。

弁護士は、まずAさんの父の遺産について、何がどの程度あるのかを調査しました。

その結果、BさんとCさんに対する上記贈与により、Aさんの遺留分が侵害されていることが判明しました。

そこで、弁護士はAさんから依頼を受けたうえで、BさんとCさんに対し、それぞれ、遺留分減殺請求を行う旨の通知を内容証明郵便で送付しました。

その後、交渉手続ではBさんとCさんとの間で十分な合意に至らなかったため、弁護士は家庭裁判所に、遺留分減殺請求調停の申立てをしました。

調停での話合いにより、父名義の預金に、BさんとCさんに贈与された土地の価格を加算した金額を遺産総額として、Cさんの遺留分が算出されることになりました。

その結果、Aさんは、BさんとCさんから、生前贈与の分が考慮された適切な金額の支払いを受けることができました。

(弁護士の解説)

自らの財産をどのように処分するかは、自由に決めることができます。

したがって、Aさんの父が、BさんとCさんに土地を贈与することも基本的には有効です。

ただし、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には、「遺留分」が認められています。

「遺留分」というのは、遺言書よりも優先される最低限の取得分のことです。

「遺留分」を算定するにあたっては、相続開始時の財産だけでなく、被相続人による生前贈与をも加算した上で遺産総額を算出する場合があります。

したがって、相続開始よりも前に財産の大部分が特定の相続人又は第三者に生前贈与されていた場合に、遺留分権利者は直ちに諦めてしまうべきではありません。

どのような生前贈与が遺産に加算されるべきかについては、民法や判例などに基づき検討する必要があります。

実際に遺留分減殺請求をする場合には、弁護士に相談することをお勧めします。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ