解決事例

2021.10.08

解決事例

負債を相続したくない何から始めてよいかわからない

被相続人の債権者から相続人が督促を受けている事例

【事件の概要】

被相続人である父親の死亡後、相続人である子供達に対し、父親の債権者から督促がありました。

子供達は、父親と疎遠だったので、父親の財産が分かりませんでした。

父親には多額の借金がありそうなので、相続の放棄をしたい、また、父親の財布や通帳などの貴重品を保管しているがどうすればいいのかという質問がありました。

【解決】

家庭裁判所で相続放棄の申述をして、相続放棄を確定させました。

その後、相続人は、父親の債権者に対し、相続放棄が家庭裁判所によって認められたことを示す「相続放棄受理証明書」の写しを渡して、父親の債務を支払う義務がないことを伝えました。

また、子供達が全員相続放棄したことによって、次の相続人となる立場の親族に対し、その旨を伝えて、父親の貴重品を引き渡した。

【弁護士による解説】

被相続人の死亡後、目ぼしい財産がなく、被相続人の債権者から督促を受けているようなときには、相続人は、相続放棄を希望する場合も多いです。

その場合、相続開始日から3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をする必要があります。

正式に相続放棄が認められた場合、家庭裁判所に費用を支払って申請をすると「相続放棄受理証明書」をもらうことができます。

これは、相続人が相続放棄の申述をして、家庭裁判所が受理したことを証明するものです。

被相続人の債権者から督促を受けたとしても、この写しを渡すことによって、法的にも相続人でなくなったことを証明することができます。

また、子供が全員が相続放棄手続きをした場合、次の順位の親族が相続人になりますので、その相続人に被相続人の貴重品等を引き渡すことになります。


一新総合法律事務所では「相続・遺言」に関するご相談は初回無料で承っております。
お気軽にご相談ください。

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ