お知らせ

2020.05.22

お知らせ

終活のすすめ①

 

「終活」という言葉をご存じでしょうか。

 

2009年に「葬儀・墓の準備」を指す造語として、メディア(週間朝日)によって作り出された言葉です。

私の所属する終活カウンセラー協会では、終活を以下のように定義しています。

「終活」とは、人生の終焉を考えることを通じて、自分をみつめ、今をより良く、自分らしく生きる活動

日本の65歳以上の高齢者人口は過去最高の3558万人で、総人口に占める割合は28.1%になりました(平成30101日現在)。

国連やWHOでは、65歳以上の人口割合が7%超で「高齢化社会」、65歳以上の人口割合が14%超で「高齢社会」、65歳以上の人口割合が21%超で「超高齢社会」としていますから、現在の日本は「超超高齢社会」の状態にあると言えます。

将来は、総人口の約半数が65歳以上とも言われています。

高齢化が進む状況だからこそ、高齢者が生き甲斐を持って、活き活きと生きることが大切です。

 

また、高齢化と共に、単独世帯が増加しています。

2040年には単独世帯の割合は約40%に達すると予測されています。これによって、人の死(葬送)の主体が、地域→家族→個人へと狭まっています。

つまり、「死」について、自分で考えなければならない時代になっているのです。

 

このような社会背景などから、「終活」の必要性が高まっています。

 

 

「終活」と言われても、何をしたらよいか分からない…

 

エンディングノートを書いてみましょう!

 

エンディングノートを書くことは、「終活」への一番の近道です。

 

『終活のすすめ②』はこちら

 

【事務局 浅田祐一郎】


☆ご相談予約はこちら☆

☆事務所アクセスはこちら☆

 

悩むよりも、まずご相談ください

相続チーム所属の弁護士が、
最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

※ご相談予約以外のお問い合わせは、各事務所直通電話(平日9:00~17:00)にお願いいたします。

※新潟事務所は、土曜日・祝日の一部(9:00~17:00)も受け付けております。

対応地域

新潟県(新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡聖籠町、岩船郡関川村、岩船郡粟島浦村、西蒲原郡弥彦村、東蒲原郡阿賀町、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、南蒲原郡田上町、三島郡出雲崎町、南魚沼郡湯沢町、中魚沼郡津南町、刈羽郡刈羽村、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市)、長野県(長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡)、東京都、福島県、山形県、長野県、富山県、山梨県、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県

ページの先頭へ